シミウスホワイトニングリフトケアジェルの効果

 

マッサージはシミに悩んでいる人にいいの?

 

シミ対策で、マッサージが効果があるかどうか知りたいと思いませんか?潤い効果はあるけど、シミの効果について関係はわからない方も多いですね。

 

美容情報で、シミがマッサージにいいというのはお肌のターンオーバーを正常にして、古い角質がはがれてシミも一緒に排出されるということです。

 

ターンオーバーは、20代では約28日の周期ですが、30代40代になるとだんだん伸びていきます。

 

お肌の生まれ変わりが、年齢を重ねることでスムーズではなくなります。

 

肌の新陳代謝が悪くなると、シミは濃くなることがあります。

 

ターンオーバーの周期は年齢によって違いますが、美容成分がしっかり届いていないと効果はありません。

 

血液の流れが悪くなると、栄養成分が肌に浸透しないのです。

 

血液の流れは、年齢が高くなると悪くなりターンオーバーにも影響します。

 

なので、マッサージをして血行を改善する必要があります。

 

血流がよくなると、お肌のターンオーバーを若いときと同じ周期に近づきシミを外に、排出できます。

 

マッサージをして、若々しい肌を作りましょう。

 

 

以前のシミウスジェルとの相違点

 

2015年1月にシミウスホワイトニングリフトケアジェルは、リニューアルしています。

 

パッケージも大きく変わったシミウスジェルです。

 

パッケージだけじゃなく、少し使いにくかった以前の小さなスパチュラから、一回り大きく使いやすくなりました。

 

リニューアルしてジェルの触り心地はあまり変わっていませんが、わずかにリニューアル後は柔らかめのテクスチャーになっています。

 

実際マッサージしてみますと使用感自体大きな違いはありませんが、リニューアル後の方が柔らかくなった分伸びが良くなった印象を受けました。

 

重要な保湿力に関しては数値化できない為、違いを説明するこてはできませんが使った感じとしては、目立った違いはないように思います。

 

そして、有効成分が変わっています。

 

リニューアル前は、アラントイン、水溶性プラセンタエキスを含有していましたが、リニューアル後の含有成分はグリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキスとなっています。

 

リニューアル後の含有成分のグリチルリチン酸ジカリウムは、アトピー用の化粧品や敏感肌の方が使う化粧品に配合される甘草(かんぞう)という生薬に含まれる成分で、働きの1つに消炎作用があります。

 

容器や成分は変わっても、使い心地はさして変わっていないといった印象を受けました。

 

 

 

手の甲もマッサージ。

 

「年齢を感じる体のパーツ」のアンケート結果を見てみましょう。

 

1位が手の甲、2位が首、3位が髪。

 

上位3位までに顔は入っていません。

 

これは、女性が顔のお手入れをしっかりしていることを意味します。

 

それに加え、若く見えるようにメイクできることから他のパーツに目がいってしまうことも考えられます。

 

「手の甲」については、髪に触れたり、人前で手を使う機会が多くあり、目にふれやすくなることで顔の肌と比較されやすいので年齢を感じやすいようです。

 

確かに手の甲は、日にも当たりやすいですし水に浸かる機会も多いパーツでもあります。

 

顔に比べて、シミやシワが多くなるのも仕方がないでしょう。

 

頑張って顔のお手入れをしても「年齢を隠せない手の甲」とのギャップで、結局老けた印象を持たれてしまうのは悲しい話ですよね。

 

これらの事をふまえ、シミウスジェルで顔のマッサージをする時には、ついでに手の甲のマッサージもすることをお勧めします。

 

私の場合を例にあげますと、手の甲に小さなシミが少しあり、また乾燥のためツヤがない状態になっています。

 

朝はあまり時間がないので、顔のマッサージ後手に余ったジェルを手の甲に伸ばすだけです。

 

その代わり、夜は顔のマッサージの後ジェルをほんの少し足して、ハンドマッサージを実行しています。

 

シミに対しては効果はゆっくり現れますが、乾燥に対してはすぐに効果が現れ、前より艶やかになっています。

 

少しは、顔と手の甲とのギャップを埋めることができたと嬉しく思っています。

 

 

 

朝と夜にかかるマッサージの時間

 

シミジェルは「マッサージを朝と夜に施すことで新陳代謝を促進させシミをより早く薄くする」というものです。

 

なのですが、マッサージを朝と夜に施すとなると「毎日しっかり時間をとることができるのかな? 」と心配になる方もいらっしゃるかと思います。

 

朝と夜にかかるマッサージの時間メビウス製薬の公式HPでシミウスジェルを購入すると、「お手入れガイド」というマッサージ方法が記載されているものが付属してきます。

 

このガイドをみてみると「朝のマッサージ」にかかる時間はなんと「1分」。

 

「夜のマッサージ」にかかる時間については記載されておりませんが、ガイドに載っている方法でマッサージをしてみると私は毎回「3分〜5分」程の時間で終えることができています。

 

シミウスジェルはオールインワンジェル。

 

化粧水・乳液・美容液・クリーム・パックなどほ10役をこれ一つがこなしてくれるのです。

 

普通朝のお手入れは、化粧水を肌に浸透させる行程からはじまり美容液や乳液などをしっかり浸透させてつけていきますと、メイクをするまでに1分以上費やしてしまいますよね。

 

1分では足りないかと思います。

 

しかし、シミウスジェルですと1分ちょっとでマッサージまでできてしまいます。

 

さらにマッサージをしたあともジェルを拭き取らずにそのままメイクにとりかかれます。

 

夜のお手入れについても、私はシートパック等でお手入れもしていたので15分以上費やしていましたが、今はマッサージまでして「5分」です。

 

それですから私の場合は、マッサージも含まれた朝と夜のお手入れの時間が今までよりも短縮されています。

 

マッサージの時間について心配な方は是非ご参考くださいね。

 

 

よい痛み!?悪い痛み!?って何ぞや

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをすると痛みを感じるんだけど……って方いませんか?その痛みには、2通りあって、それは、よい痛みと悪い痛みです。

 

痛みによいも悪いもあるか!って方もいるかもしれませんが、まずは説明します。

 

よい痛みって何ぞやよい痛みは、その名の通り、そのままのやり方でマッサージをしていただいて大丈夫な痛みです。

 

マッサージしてるとき、コリコリとした感じがありませんか?鈍いけど、イタ気持ちいいかんじはありませんか?それ、凝ってるんです!リンパが詰まってるんです!肩凝りと一緒で、マッサージで血行を促進させて、老廃物を流していきましょう!リンパマッサージみたいな感じですが、グリグリと力を入れてはダメてすよ!お肌への刺激は、すなわち、シミ、シワ、たるみと、女性の天敵オンパレードですから!優しく、赤ちゃんに触れるようなタッチでマッサージしましょう!悪い痛みとは何ぞや悪い痛みは、その名の通り、マッサージの方法を変えてください。

 

マッサージをしていて、肌が引っ張られた感じはしませんか?それは、ジェルの量が少ないか、力が強いのが原因です。

 

ジェルの量は、お手入れガイドの量を使っていますか?勿体ぶらず、ケチらず、適量を使ってください!量が少ないと摩擦が起きやすく、摩擦が起きると、シミの原因となります。

 

少しでも、原因を減らすため、量は適量を守ってください!また、潤った肌の方や、皮脂量の分泌が多い方などと比べ、乾燥肌の方は、ガイドより量を増やすことをおすすめします!力が強くなってしまうのは、きっと誰よりもシミを無くしたいという思いが強いからです。

 

思いは強くて構いません。

 

構いませんが、力はソフトでお願いします。

 

力が強いと、やはり、シミの原因となり、逆に増えてしまう為、イタ気持ちいい位の力で重要です。

 

もちろん、お肌の弱い方は、普通に気持ちいい位の力加減で十分です。

 

滑らかせるようにマッサージするので大丈夫です!自分に合った力加減、量をマスターして、一緒に素肌美人を目指しましょう!

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ